画像29.png
お問い合わせ 047-380-6427(11時~19時 月曜日お休み)
夜間美術相談 090-2743-9815(19時~23時 月曜日お休み)
%252525252525E5%252525252525A3%252525252

​<とくながブログ>

  • とくなが美術

伊藤小坡 画伯作 ☆ 立雛  ☆

毎年2月頃にお客様からお雛祭りの 床の間に

~立雛 ~ のお軸を飾りたい・・・ と

購入依頼の問い合わせがきます。

伊藤小坡画伯は数多くの立雛を描がいています。 縦長やこの作品のように横構図

着物の絵柄が楽しいですね。 袴のデザイン目を魅かれます。 さらに背景に花をあしらい 華やかさが伝わります。

絵柄は松に藤でしょうか(咲く季節が違うようですが?)

立雛の後ろの花は 桃・・木瓜・・・

並び順は 関東系 関西系・・・

よく見ると いろんな発見や疑問が出てきます。

小坡画伯は どのような意図で描いたのか  時代をさかのぼって尋ねてみたいです。

表装に目を向けると 軸先になにやら細工が施されています。

桐の丸板を 二つに割った・・・奇妙な棒が付いています。

これは ~太巻きと 呼ばれ 軸を巻くとき

中の絵具が剥がれないように  桐に細工をして少し太く巻けるよう

特別に使用されるものです。

表装店ではこの 太巻きを用いるのは 全体の10%以下。

絵に優しいのですが コストが高くなるので  財布には厳しいです。

♪ 季節感を感じる ♪ 作品はいいですね。

また来年もこの季節に 床の間に掛けましょう。