画像29.png
お問い合わせ 047-380-6427(11時~19時 月曜日お休み)
夜間美術相談 090-2743-9815(19時~23時 月曜日お休み)
%252525252525E5%252525252525A3%252525252

​<とくながブログ>

  • とくなが美術

何処を見ても楽しめる作品です。

色鮮やかな ~ 赤富士 ~

しかし、なぜ画伯は緑色を使ったのでしょうか?

西山英雄画伯が描く富士

明治44年 京都に生まれる。  西山翠嶂画伯に師事し、日展等で活躍する。 昭和55年に日本芸術院会員となる。

厚塗りの筆致と色鮮やかな色彩で画面を彩る。

この作品数名の画家と絵を描き、現在は図録と言われている・・・ 昭和初期に作られた画帖の中に入っている作品です。旭日が左側から登っているので おそらく山梨県側の湖から雄大な富士を描いたと思われます。お客様に見せたところ、湖の色が緑で・・・ 山の背景も同じ「緑色」を使っている・・・?

不思議だけどそれが味わい深いと。面白いところに目が行くなと関心しました。

絵には人それぞれ鑑賞方法があって日々勉強になります。

もしかしたら湖ではなくて雲海を緑で表現したのかな・・・?

おめでたい!東京湾の初日の出と共に・・・♪