画像29.png
お問い合わせ 047-380-6427(11時~19時 月曜日お休み)
夜間美術相談 090-2743-9815(19時~23時 月曜日お休み)
%252525252525E5%252525252525A3%252525252

​<とくながブログ>

  • とくなが美術

加賀屋 館内は美術館


 加賀屋さんの館内をそぞろ歩きすると、至る所で美術品がお客様をお待ちしております。

人間国宝や文化勲章受賞の芸術家作品が、展示スペースや館内装飾または驚く場所で鑑賞出来ます。

美術アドバイザーとして国内の美術館等を廻り展示作品を数多く見て来ましたが、館内では作品が自然に溶け込みこれまで見たことのない優雅な空間が広がります。

「加賀屋 館内は美術館」 パンフレット



 夕方に、パンフレットを片手に館内は美術ツアーが行われます。湯番頭さんのガイドで、館内はあちらこちらと廻ります。私も美術アドバイザーを伏せてこっそりと参加。

番頭さんの名調子で、とても楽しく郷土色溢れるツアーでした。私たち美術商が全く思いつかない角度からの美術説明が多く大変勉強になりました。

床の間に大きな かぼちゃ


加賀友禅が舞う館内



 宿泊の部屋では、輪島塗が私達を迎えてくれました。あまりに綺麗な朱塗りなので、緊張して抹茶が飲めません。記念撮影したら鏡ようで天井も映し出されました。館内を散策して美術品の数々を楽しめましたが、お部屋の至る所にも芸術家作品が施されており独り占めで堪能出来ます。

夕食と朝食は母と趣向を凝らした数々のお料理をお腹いっぱいに美味しく頂きました。器それぞれもまた目を癒してくれる美術工芸作品です。



朱色の輪島塗



器も素晴らしい朝食



 加賀屋さんとご縁があり親交が深まったある日、母と石川県の宿を訪れました。母は夢であった旅館への宿泊が叶ってとても感激しておりました。噂どおりの様々なおもてなしや料理と豪華な温泉、そして夕食後には歌劇団のショー観劇と加賀屋さんを満喫してあっという間に夢の時間は終わりました。


 「加賀屋」さんは、これまで見てきたホテル・旅館の中で「おもてなし・館内施設のスケール・お料理・・・・」などすべてにおいて、これが日本一の旅館だと実感させてくれます。「館内は美術館」とご紹介の通り、一歩足を踏み入れると郷土の芸術家作品を中心とした美術品でお客様を迎えてくれます。幸運にも美術アドバイザーに就任させて頂いておりますので、これまでの経験を生かしてお手伝いをさせて頂きたいと思っております。



お客様をお迎えする 加賀屋さんの玄関