画像29.png
お問い合わせ 047-380-6427(11時~19時 月曜日お休み)
夜間美術相談 090-2743-9815(19時~23時 月曜日お休み)
%252525252525E5%252525252525A3%252525252

​<とくながブログ>

  • とくなが美術

尺差しは現在でも活躍中・・・!

掛け軸を作る際の計り。 今でも 表具には基本となる寸法は 尺で計っています。

  およそ ☆ 一尺 ☆ は  30.3センチ。

尺は 尺貫法の長さの単位  中国で初めて用いられたようで日本では平安時代から おおよそ使われていました。

現在ほとんどの目盛りが日常ではメートル法を基に センチやメートルを使っておりますが  伝統を受け継いできた 表装の世界では今でもこの計りを 用いているようです。

日本画の掛け軸売買の際に大きさの目安として 

尺8 (10号弱)  2尺 ( 12号弱) また 大きい作品 2尺5寸 (20号弱)などを  市場で大きさを尺寸で表現することもあります。

表具の修行中は 尺差し (竹差しに一尺までの寸法が書いているもの)を多く使い。

1尺の 10分の一 1寸   (約3センチ)。 そのまた 10分の一 1分 (約3ミリ)。

その1分の半分が~ 5厘~ この5厘が尺差しの最小目盛りです。

日本童話 一寸法師は この1寸(3センチ)の大きさで 物語が 書かれているのでしょうか?