画像29.png
お問い合わせ 047-380-6427(11時~19時 月曜日お休み)
夜間美術相談 090-2743-9815(19時~23時 月曜日お休み)
%252525252525E5%252525252525A3%252525252

​<とくながブログ>

  • とくなが美術

水玉模様ではありません。

京都画壇の巨匠 竹内栖鳳画伯が 描いた ~水墨山水の世界~

昭和12年 第一回文化勲章を受章する。 東では 横山大観 西は 竹内栖鳳と 当時東西で大変有名でした。 画伯が描く雀はとても評価が高く 雀 ☆一羽☆ で 家一軒と 同じ価値があるといわれていたそうです。 半世紀を超えてなお 現在でもその人気は衰えません。

突然わかりにくい写真ですみません。 竹内栖鳳画伯が描いた 水墨画作品をちょっとアップにしてみました。

細かい線描と 水玉みたいな模様が数個書いていますが何を描いているのが

これではさっぱりわかりません。

カメラの位置をかえて 一枚 ~撮影~ようやく 全体図が・・・

画題からは梅雨を描いた情景みたいですが・・・・ またまた 難解な文字が梅雨○○ 下の文字が ? ? 只今 辞典で調査中です。

東京美術倶楽部の鑑定証書が8月に届くので 画題解明に 期待しています。

この作品近くで見ると画伯の意図がわかりにくいですが 少し離れてみると雨上がりの霧の晴れ間田植えをしている

人々が自然の風景と調和して描きだされてます。

白に和紙に・・・墨の濃淡・・・絶妙なぼかし 躍動感ある筆致 ♪ 素晴らしいですね ♪